Home8.その他のコードの利用実績



OpenFOAM
複雑地形の様子

OpenFOAM
メッシュの様子

OpenFOAM
速度場

OpenFOAM
乱流運動エネルギー

OpenFOAM
乱流運動エネルギー 散逸率
8-1 複雑地形の風評価
Keywords: OpenFOAM®, Complex terrain

解析条件
乱流モデル 標準k-εモデル
使用ソルバ simpleFoam
時間刻み 1.0秒
発散項離散化スキーム 1次風上差分
勾配離散化スキーム 線形補間

各境界条件
地表面 滑りなし条件
側面・上面 滑り壁条件
流入面 地平面境界層モデル
FDSの実績

FDSの実績
FDSの実績
30分後の部屋の様子


8-2 居室内の空気環境シミュレーション
Keywords: FDS, Fire Dynamics Simulator, SLES

弊社が作成したFDSコンバータによるモデル構築
dxf 型式ファイル(A)をFDSコンバータを用いてFDSモデル(B)に変換。

FDSを用いた解析
初期温度 35度
エアコン 24度に設定
乱流モデル SLES

飛沫がデスク前方のパーティションに
衝突する様子(動画)










8-3 居室内の飛沫シミュレーション
Keywords: FDS, Fire Dynamics Simulator,
飛沫, 拡散, 沈着

現在、ウィルス感染増加の影響で、密閉空間での様々な感染への対応が求められています。オフィスや店舗、住居でもパーティションなどを利用した飛沫拡散抑止、換気や空調環境の改善などの対策がおこなわれています。しかしこれらの対策を行う前に、居室内での人体から発生する飛沫の拡散や沈着などの予測を行うことで、より効果的な対策を取ることができます。
弊社ではCFD技術を用いて、様々な条件下でのウィルス曝露リスクを予測することで、飛沫の拡散を抑えるための対応策の理解を深めることができ、さらに空調(エアコン)や、加湿器、空気清浄機などの効果をシミュレーションすることも可能です。